日本語教師1年目にとりあえず買いたい教科書・参考書5選!

養成講座も終わり、日本語教師としてのデビューが決まりましたが、何だかちゃんと授業ができるか不安です…

今回は、そんなお悩みに答えるべく、日本語教師1年目に買うべき5つの教科書・参考書を紹介したいと思います。

日本語教師1年目の仕事を強力にサポートし、授業準備時間の短縮と知識量・スキルアップの強い味方になってくれる本を集めました。

それでは、早速いきましょう!

1. メインテキストの「教師用マニュアル・教え方の手引き」

「みんなの日本語初級I 第2版 教え方の手引き」

これはこの本を買えということではなくて

メインテキストとして使う本には、大体教師用マニュアルや教え方の手引きが用意されていて

それはかなり役に立つことが多いので買った方がいいよ という意味です。

養成講座の模擬授業だけではイマイチ授業がイメージできない

これから働く学校は、養成講座で使ったのと違う本を使っているから困っている…

という人も少なくないはず。

そういうときに、教師用マニュアル/教え方の手引きがあると準備がグッと楽になりますよ。

ほかにはこれとか↓

「TRY! 日本語能力試験 N3 教師のガイドブック」

これとか↓はメジャーどころだと思います。

「テーマ別中級から学ぶ日本語〈三訂版〉教えからの手引き(教師用マニュアル)」

課の狙いや、提示されている文法・語彙を教えるときのポイント・注意点などがまとめられていて、授業のイメージがしやすくなるし、授業準備の時間もかなり減らしてくれること間違いなしです。

2. 読解・聴解・会話・作文の授業の助けになる本

「どう教える?日本語教育「読解・会話・作文・聴解」の授業 (日本語教師ハンドブック)」

この本は、教授法をダラダラ書いてる本とは違って、授業の流れとイメージが掴める構成になっています。

そして使われている語彙が簡単で読みやすい。無駄に専門用語を使ってない。

養成講座で文法とか語彙の授業はなんとなくイメージが掴めているけど、読解や聴解のような、他の授業はあまりイメージできない…という方にはオススメです。

この本を読めば

だいたいどのような形で授業を進めていけばいいか

どんなポイントを抑えればいいか

が分かるようになると思います。

3. 中級以上のレベルを教えるときに頼れるアイデア集

「中級日本語文法を教えるためのアイデア集」

新しめの本ですが

要らない情報をごちゃごちゃ書いていないので、シンプルで◎。

文法表現ごとに、例文や学習者とのやりとりに使えるQAなどのアイデアが満載です。

学習者自身のことを表現したり

文法表現を使って自分の意見を話したりするためのきっかけづくりとか。

中級って教え始めたばかりのときはなかなかアイデア出てこないこともありますよね。

そういうときにかなり助けになってくれる本です。

これ新人の頃にほしかった…

4. 日本語能力試験対策授業をやる前に読んでおきたい本

「日本語能力試験公式問題集 第二集 N3」

日本語学校等では、1年目からJLPTの対策を任される人も多いと思います。

これは公式から出版されているもので、JLPTの過去問を元に1回分の試験が作られています。

また問題以外にも、試験に関する情報が豊富にまとめられています。

点数区分や問題数

レベルごとに求められること

問題形式や出題の狙い

等々、いろいろ載ってるし問題も実際出題されたものだし、試験1回分がフルで入ってるのでおすすめです。

授業中に学習者に試験の情報をふと聞かれたときにも、これを持っていれば安心です。

もちろんN5〜N1まであります。ご自身の担当するレベルに合わせて買ってください。

2021年10月現在の最新は「第二集」です。お間違いのないよう。

個人でやるとかオンラインでやる人も、持ってて損はない

というかJLPTを教えるなら1度は公式のものを解いておいた方がいいと思います。

5.文型辞典

あとは言わずもがな ですが

文型辞典は絶対1冊か2冊ぐらいは持ってた方がいいと思います。

文法を全部ネットで調べたり自分の知識だけで考えたりするのは

かなり辛いうえに、知識の正確性も落ちるので。

文型辞典についてはオススメのものを6つこちらの記事↓にまとめていますので

チェックしてみてください。

いかがでしたか。

本の投資は地味にお金がかかりますが、これから何年、何十年と日本語教師をやろうと思っているなら必要なものだし、

基礎を作るための投資と考えれば、安いものだと思います。

あとは時短・効率化への貢献度が高いのがこういう本です。

よくわからないまま手探りで無駄に授業準備に時間を費やすより

時間と基礎知識、授業準備や文法分析のやり方を買う

と考えるのがいいんじゃないかな

と思います。

みなさんの日本語教師としての仕事のお役に立てれば幸いです。

ご参考まで!

仕事効率化はこちら ↓

日本語教育能力検定試験の勉強にオススメの本はこちら↓

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
この記事が参考になった!と思ったら、SNS等でシェアしてもらえると嬉しいです。
これからもよろしくお願いします。

Twitterのフォローはこちらから

下のコメント欄からコメントを投稿される際は、免責事項及びプライバシーポリシーをご確認ください。
コメントの送信を以って、記載内容に同意したものとみなされます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました